子どもが「学びたい」親が「学ばせたい」教師が「教えたい」と意欲を持てる環境づくり

子どもたちが安心して学ぶためには、学校だけではなく、ご家庭のサポートも欠かせません。学校とご家庭が両輪となり、子どもたちの成長をサポートしていきたいと考えています。子どもたちが心から学びたいと思える学びの場、こんな学校で我が子を学ばせたいと親が実感できる環境、そして心を込めて子どもたちに教えたいと教員が意欲を持てる場。本校では、子ども、親、教師が、「学び」というテーマに向かって、同じように努力できる環境づくりを大切に考えています。ここ数年、毎日の学習はもちろん、グローバル教育、ICT教育、学年ごとの体験型学習などを、私学の柔軟性を活かして積極的に導入。伝統を継承しながらも時代に即した教育活動を行うため、新しい取り組みを積極的に進めています。

Green Lab.

自然や生き物に直接触れながら学ぶ体験を大切にしています。校内での植物、野菜の栽培のほか、宿泊を伴うスタディツアーで農業・田植え体験など、学年ごとに多様なプログラムを用意。「いのち」の循環について体験を通して学びます。

Blue Lab.

コンピュータ操作を学ぶだけでなく、リテラシーの伴った具体的な利用方法も指導するためICT環境を整えています。簡単なプログラミングなどにも挑戦するなど、楽しみながらICTの基本を身に付けてほしいと考えています。

Active Learning

これまでの総合学習をブラッシュアップ。自然環境、農業と産業、平和教育や復興支援など「いのち」をテーマに児童一人ひとりが自ら考え、互いに学び合う機会を設けています。1人1台のiPadを使ってプレゼンテーションも行います。

Global Education

英語、英会話を学ぶことはもちろん、英語という言語を通して異文化を知り、他者を理解する教育を行っています。Native English Speakerが授業、給食、行事にも一緒に参加することで低学年から身近に英語に親しむ環境を提供しています。