保護者の会

活動報告

2019/11/6

10月5日 2年生 「秋の食育バーベーキュー大会」

(開催概要)
日時:2019年10月5日(土)
場所:東急百貨店 吉祥寺店 ファーマーズバーベキュー
参加者:2年生58名、家族57名、合計115名

(報告内容)
10月の土曜日、台風の影響で天候が心配されましたが、子供達の祈りが通じたのか、台風一過の気持ち良い秋晴れの下で2年生のお父さんの会イベント「親子バーベキュー大会」を実施しました。
今年度、2年生お父さんの会では「お父さんもつながる、楽しむ」をテーマにイベントを企画しており、バーベキュー大会も親子で実際に食べる食材について学んだり、親子で調理したりと、子供達の好奇心を刺激し、子供達が主体的に参加できる内容で実施しました。

 

 

 

 

 

いつものように、親子みんなでイベントが実施できることへの感謝、食べ物への感謝の気持ちを込めてお祈りして、楽しいバーベキューが始まります。

今回のバーベキューでは、「食育」をテーマにしており、食材をご用意いただいた農家の方にもご参加いただき、実際にバーベキューで食べる野菜がどうやって作られ育つのかを教えていただいたり、クイズやゲームを通じて、楽しみながら学んだり、子供達が自分たちで料理をして、お父さんたちは連携してサポート役に回りながら親子で協力してバーベキューを楽しみます。

 

 

 

 

 

最初にみんなでおにぎりを作ります。おむすびの握り方やお米の作り方を聞きながら、子供達が中心になり、減農薬で作られた美味しいお米を一つずつ丁寧に握ります。

 

 

 

 

いよいよ、お待ちかねのお肉と野菜の出番です。
農家の方に焼き方のコツを教えていただき、テーブルごとにお父さんたちが連携して子供達と一緒に焼いていきます。
焼きあがるまでの時間を利用して、農家さんが野菜の栽培について「絵本の読み聞かせ」をしてくださいました。
子供達も絵本のそばに集まって、お話に聞き入っていました。

 

 

 

 

いよいよお肉や野菜が焼きあがりました。みんなで取り分けて美味しくいただきました。
「この野菜はホクホクで美味しい!」、「みんなで食べると美味しい」など、子供達も普段できない経験に喜んでいる様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーベキュー後半では、農家の方がデザートの「焼き芋」を題材にして「全員に均等に分けるクイズ」や「美味しいお芋の育て方」、野菜にまつわるクイズなど楽しい出し物を用意していただきました。

 

 

 

 


楽しい時間はあっという間に過ぎ、終了の時間です。
みんなでバーベキューに美味しい野菜と楽しい出し物を用意してくださった農家の方にお礼と帰りのお祈りをしました。

 

 

 

 

 

■最後に
今回、お世話になった農家の皆様、バーベキュー会場の皆様にはこの場を借りて、改めて感謝申し上げます。
また、参加いただいたお父さんお母さんにはいつも「お父さんの会」の活動にご理解とご協力いただき感謝しております。
イベント1週間前の天気予報では、開催日が台風の影響を受け中止になる可能性もありました。そんな中で、「子供達も楽しみにしているから、てるてる坊主を作るよ!」と言っていただいたお父さんもおられ、このようなお気持ちを幹事一同、大変ありがたく感じるとともにお父さん同士がつながっていることを実感いたしました。 

これからも、「すべては娘の笑顔のために!」を合言葉に、家族同士が連携して、子供達のよりよき成長を見守りたいと思います。

2019/10/21

10月5日 1年生 「防災館&ランチ会イベント」

大規模な地震や台風をはじめとする自然災害、日本の至る所でこれまでに経験してきた想定を超える災害が発生しています。一年生お父さんの会初の単独イベントとして、東京にもにも「来る」と言われている大地震や、身の回りで実際に起こりうる災害から 娘と家族を守るため、池袋防災館にて行ってまいりました。

その後ランチ会を開催し、防災に関するクイズ大会や、お父さんと子供達全員で楽しめるゲームや、歌をうたって楽しみました。

【イベント概要】
日時: 2019年10月5日(土)
イベント内容: 池袋防災館 & ランチ会
参加人数: 1年生–48名 姉妹・兄弟–6名 保護者–49名 合計103名

【内容】

[防災館]

①防災アニメ鑑賞 「ボクたちに渡された3つの記憶」
関東・阪神・東日本大震災にあった子供達の目線で描写され、防災意識を高める内容に、子供達もどうすれば避けられたのか?自分が大地震の時にどう行動したらいいのか?と質問が出て、防災の大切さについて考えさせられました。

②消火体験
火事の発生原因や、発生件数の統計などのお話があります。そして火の特性、火を消す方法や種類について学びました。火事が発生した時に小学1年生がとるべき行動は、大声で「火事だぁー」と叫んで大人や周りの人に知らせる事です。大型スクリーンに映し出される本物さながらの炎に向かって、子供達は「火事だぁー」と叫ぶ練習、お父さんは消火器での消火体験をしました。

③煙体験
模擬煙の中で決められたマークを確認しながら、低い姿勢で避難する体験をします。建物の中で煙に巻かれる経験に、子供達はいっせいに「くさかった・・・」と。本当の火災ではくさかったでは済みません。シュミレーションとは言え、煙の広がる速さと、視界の悪さに驚きました。

④地震体験
「ピューピューピュー地震です!」緊急警報が発令された際に聞き覚えのある携帯から流れる警告音が鳴り響きます。すぐに机の下に隠れます。阪神淡路大震災と同程度の震度6を体験しました。経験した事のない大きな揺れに、子供達も動く事ができないと驚いています。

煙や地震の擬似体験をした事が、実際に火災や地震が発生した時の心構えに少しでも役に立てばと思います。娘と家族を守る為に、父親がするべき事を考えさせられる、とても充実した内容でした。

[ ランチ会 ]

挨拶と食前のお祈りをします。子供達は普段立って食事をする事のはお行儀が悪いといわれており、きちんと食事が出来るか心配でしたが、こぼしたりする事もなく楽しく食べる事が出来ました。

デザートはお父さんの会特製ケーキを用意しました。きれいに装飾してあり壊すのはもったいないのですが、お父さんが手早く取り分けます。

ランチ会メインイベントとして“防災クイズ大会”を行いました。災害時の家族との連絡方法や、用意すべき防災グッズの中身や使い方、災害時の食べ物についてなど実際に家族と話し合って準備しておくべき内容を出題しました。難易度の高い問題を用意しましたが、防災館で学んできたのでとても正解率が高かったです。

その後は、お父さんも一緒にみんなでゲームを行いました。最初に伝言ゲームを行います、先生方やお父さんの楽しい内容にしたので、どのチームも伝言内容に間違いはなく、僅差で終りました。そして全員一緒にじゃんけん列車です!お父さん達も真剣です。大変盛り上がりました。

最後に全員で歌をうたって踊りました。練習したわけではありませんが、子供達は自然と踊りも歌もそろっていて、入学して約6ヶ月での素晴らしい一体感に感動しました。

「お父さん同士が仲がいいと、娘もうれしい!!」をモットーにこれからも、娘とお父さんの会全員が笑顔となって、学校と家族同士がより一層関係を深められるようなイベントを開催していきたいと思います。

1年生のお父さま方、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

2019/8/28

7月14~15日 5年生 「菅平キャンプ」

≪5年生 菅平キャンプ≫
5年生になった娘たちは、田んぼが『食』だけでなく『電気』にもなることを体験し、未来の世の中の在り方として自然環境や生活エネルギーを考え、感じ、学ぶ機会から知的好奇心を育んでいます。そんな多感な娘たちにお父さんたちから思い出に残る何かをプレゼントしたいと考え、学年初のキャンプを企画し、テーマを「自然と友情」にしました。

手を伸ばせば届きそうな天の川の下、神様の恵みを全身で感じる自然体験と、心通わせる友人とのかけがえのない時間。標高1,320mの澄み渡る星空が望める、長野県菅平高原のキャンプ場に行ってまいりましたので、このイベントについてご報告いたします。

【イベント】
7月14日(日)~7月15日(月)  『5年生 菅平キャンプ』

【参加人数】
5年生:26人、保護者:27人、兄弟姉妹・・・6人 合計:57人

【イベント内容】
お姉さんの代で学年キャンプをご経験された数人のお父さんたち、アウトドア大好きなお父さんたちにアドバイスをいただき、今回のキャンプは準備を進めました。

持ち物も段取りもほぼ問題なく本番を迎えることが出来ましたが、まだまだ梅雨明けのしないこの時期、唯一の心配は「天気」。週間天気予報をチェックしていたところ、開催予定の週末はいつまでたってもずっと雨予報。

そして迎えた当日の朝、高速道路を走っている間もどしゃ降りで、心配しながら菅平高原へ向かっていましたが、皆の思いが通じたのか、なんと長野県に入ったあたりから奇跡的にパタッと雨が止みました!!

現地に到着すると、素晴らしい芝生が広がるフリーサイト。

それでもいつ降り出すかわからない山のお天気ということで、すぐに皆で協力して、なんと合計で16張りにもあるテントを張って、雨除け用のタープとテーブルやイスなどのセッティングをしました。大人はここでもうすでにグッタリでした・・・。

 

まずは、開会式!
心配されていたお天気にも何とか恵まれ、多くの同級生のお友達とご家族とキャンプができることを神様に感謝するお祈りを捧げ、キャンプ場での約束事を皆で確認!

そして待ってましたと、子供たちはすっかり雨が上がったキャンプ場で、それぞれ好きな遊びで大はしゃぎ。芝生広場で鬼ごっこやサッカーをしたり、釣り堀でニジマス釣りや魚のつかみ取り、のんびりテントで過ごしたりと、兄弟姉妹も交えてお友達と仲良く遊びました。

そうしているうちにお腹もペコペコになり、夕食の準備へ。
お肉いっぱいのバーベキュー、カレーライス、豚汁などのお父さん達手作りの料理に加えて、子供たちが釣り堀で釣ってきたお魚も塩焼きに。缶ビール片手に一生懸命に準備した甲斐もあって(笑)、かなり豪華な食事になりました!子供たちは学校の軽井沢キャンプでの経験を生かして、飯盒で美味しいご飯を炊いてくれました!香ばしいおこげもあって、炊き具合もバッチリでした!(子供たちの食欲を見くびって、お鍋は全部空っぽになりました(笑)。)



あいにく夜は雨が降ってしまい、満天の星空を見上げることはできませんでしたが、楽しい夜はあっという間に過ぎていきました・・・。

そして2日目、朝食にサンドイッチを平らげた後は、テントを皆で片付けて、キャンプ最後のイベントは、スイカ割り。最後は見事にど真ん中をバシッと決め、冷たくて甘いスイカを美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

 

【終わりに】
3度の軽井沢キャンプで学んだ経験を活かし真剣な様子で共同生活に取り組む子どもたちに対し、5年生になった娘たちの成長を大いに実感できた1泊2日の初キャンプでした。

残念ながら夜は雨天となり、天の川体験は実現できませんでしたが、どのテントも娘たちの会話が夜遅くまで続き、友情を深めていました。来年こそは自然の恵みもいただけるよう、もう一度訪れることができたらと思います。

日ごろから幅広い学びの場を提供してくださる学校・先生方にこの場をお借りして感謝申し上げます。そして参加していただいた子ども達、お父さんお母さん、イベントにご理解・ご協力をいただいた先生方、皆様ありがとうございました。

参加いただいた全ての方が笑顔となり、家族同士や学校との連携を一層深めていける会を今後も開催していきたいと思います。

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • リンク集
  • このサイトのご利用にあたって/個人情報の取扱いについて