第42回「アイメイト・デー」に出席しました。

IMG_6677

アイメイト協会さんからクレアをお預かりして、ちょうど2年が経ちました。
今日は公益財団法人アイメイト協会の第42回アイメイト・デーに出席し、繁殖奉仕者としてスピーチをさせていただきました。
吉祥寺駅から東西線で会場のある竹橋駅へ行く途中、中野駅からアイメイトユーザーさんが同じ車両に乗り込んで来られました。電車の中でも大人しく伏せの姿勢です。時折、ユーザーさんがアイメイトをぎゅっと抱きしめて声をかけておられる様子が印象的でした。竹橋駅で下車したところで、勇気を出して声をかけて、会場までご一緒することになりました。「腕か肩につかまりますか?」と尋ねましたら、「前を歩いてくだされば、この子がついて行きますのでよろしくお願いします。」と。地下鉄の駅から会場までGoogleMapでは歩いてほんのわずかの距離。しかし、実際には階段があったり、エスカレーターがあったりと難所?続き。階段の段差も一定ではなく、最後だけ低かったり、上がったところで一段下がったりと、トリッキー。今まで全く気にしたこともなかった、道路の段差にヒヤヒヤしながら大緊張で、ご案内しました。「慣れないもんですから、下手くそな案内ですいません!」という感じでした。
目が見える大人でもこんなにドキドキして頼りないんだから、犬たちもユーザーさんも緊張するだろうなぁって。学校で「道徳」を教科書で教えて評価しましょう!ってのも良いけれど、実践の中からの出会いや体験を通して子どもたちが自ら気づいたり、学んだりすることの方がよっぽど大事なことだなと思いました。
私も、町の中にあるほんの小さな段差に気がつくことができるようになることから始めたいと思いました。