カミカミタイム


新学期、バディウォーカー活動が始まらぬまま、4月が終わろうとしています。
授業がないと、犬たちもすることがないので、バディルームで牛骨をガジガジ。


ベローナの様子を見ながら、クレアは小さな破片をガジガジ。


犬に譲り合い精神はない様子なので、ブレスは順番待ち。

「やっぱり、大きいのが欲しい!」とアピールするクレア。