クレアのあかちゃん 【出産報告】

6頭産み終わった時点で深夜1時過ぎ。すでに4時間の分娩時間。相当な疲労なので、気分転換に散歩で身体を動かして、様子を見ました。先週のレントゲン検査では正確な頭数まで調べることができず、超音波エコー検査で、「もしかしたら、たくさんいるかも?」と獣医さんの診断。あくまでも予想ですよ、としながらも「8頭は確認できるかなぁ」というコメントだったので、しばらく観察することに。
6頭の子犬たちの授乳をしながら、クレアの息づかいが粗くなっていくのが分かりました。すると、弱い陣痛で7頭目のあかちゃんが!深夜2時。初めてのオスは体重が最初の赤リボンの半分しかありませんでした。

もうやり切った。という表情のクレアは7頭の子犬たちのお世話に夢中。そろそろ終了かなと思いましたが、獣医さんの8頭くらいいるかも!という言葉が気になって、終了宣言することができません。陣痛の間隔は1時間ほど長い時もあるので、もう少し頑張って、3時過ぎまでは様子を見ようと。
3時を過ぎた頃に、8頭目のオスが産まれ、これでようやく打ち止め。最後の2頭のオスたちがどちらも小さく、お乳を飲むことも難しい様子。
結局、寝床につけたのが3時半過ぎの事でした。