軽井沢キャンプ 自然体験は野鳥の森へ


3日目のプログラムは野鳥の森でのガイドウォーク。
軽井沢町で2004年から活動しているベアドッグ(2代目のタマ)がハンドラーの田中さんと一緒に会いに来てくださいました。
ベアドッグ、熊を追い払う犬の役割や、コマンドなどを実演。


先代のブレットのベアドッグの活動は、ちょうど動物介在教育をスタート(2003年)させた時期が近かったこともあり、千ヶ滝の立教女学院キャンプ場にも遊びに来てもらい、交流したことを懐かしく思い返しました。
ベアドッグと学校犬。分野は違えども、それぞれで人と犬との関係、人と自然との関係を大切にしてきた十数年の歩みがあります。


ピッキオの素晴らしいガイドさんに先導されて東京ドーム27個分?という広大な野鳥の森を2時間かけて自然観察ハイキング。


朝の大雨が嘘のように晴れ間も広がり、午後に変更してなんとかプログラムを実施。