ベタニヤホーム訪問

藤の会、奉仕委員のお母さんたちと、小学校聖歌隊と一緒に、神奈川県戸塚にあります老人ホームベタニヤホームへ行って来ました。
こちらの施設は動物介在教育が始まった当初から、犬の施設受け入れに柔軟で、いつも歓迎していただいています。101歳の長老からは、「このベローナちゃんは、バディよりも小さいね。」とか。
今年は初めてベローナとクレアの二頭揃っての参加。

朝早く学校を出発し、午前中は利用者の方々との交流会。
折り紙を教えていただいたり、孫のように可愛がっていただいて、とっても和やかな時間でした。

ベローナとクレアも場の空気を読んで、愛嬌を振りまき、楽しい雰囲気づくりに、ちょっとだけ貢献できたかな。

昼食の後は聖歌隊による奉唱会。歌はもちろん、司会も子どもたちが自分たちで考えたスピーチをしていて立派でした。みなさん熱心に子どもたちの歌声に耳を傾け、口ずさんでいらっしゃいました。
「心が洗われる。」とはこういう光景に立ち会った時に感じるんだなと、しみじみ。
人に喜んでもらえるって、ありがたいなぁと…。いい土曜日でした。