学校生活

小学校だより

2018/4/6

第229号 2018年3月20日

「消費者」ではなく「協働者」として    教頭  吉田 太郎

 日頃の不摂生が祟ったのか、過日、1センチ超の硬い結石ができ七転八倒。日帰りで受けられる破砕手術も二度失敗し、結局は1週間お休みをいただだいての入院、手術となりました。術後のベッドの上で何もできずに天井を眺めながら、あたりまえの日常の有難さ、健康って本当に大事だなと実感しておりました。

 さて、今月初めには年度末のアンケートへご協力をいただきました。お忙しい中、多くの保護者の皆様には、大変丁寧に心を込めてお書きいただき感謝いたします。それぞれのご家庭で、この一年間のお子様の成長や学校生活を振り返られたことと思います。そしてお子様が学び、成長する場としての小学校をよりよくするためにと、貴重なご意見をお寄せいただきました。また、教職員の健康、多忙な学校業務にお気遣いいただく温かな応援メッセージなども多数頂戴し、感謝申し上げます。今年度のアンケートは校長・教頭だけではなく、全ての教職員で共有し、私たちもこの一年の働きを振り返り、反省すべきは反省し、次に活かしていきたいと考えております。

 敢えてこの場を借りて申し上げます。アンケートで頂いたご意見を拝見していますと、全体の中では、ほんの一部、わずかではありましたが、「おやっ?」「なんか変だな?」というお声が目に止まることがありました。愛する我が子のことを思うあまり、様々な思いが募ってのことと理解はできるものの、私の読後感としましては、まだまだ、こちらの思いが伝わりきれていないのかしらと、若干の虚しさを覚えるものもありました。これだけ沢山の保護者がいらっしゃるのですから、絶賛されるご意見ばかりじゃない、厳しいお声も当然ある。その通りなのですが、なんだか読んでいますと、「商品に関するお問い合わせは『お客様相談室』まで・・・・・・」という種のお声に聞こえてしまう、そんなご意見も見受けられたのです。
 なぜ「虚しい」と感じるのか、学校には「厳しい意見は言ってはいけないのか?」という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。立教女学院小学校が目指す教育とは、ご家庭(保護者)と学校(教職員)が愛する子どもたちのために、がっちり握手しながら、共に働く、協働しながら歩んでいくということだからです。特に学齢期の子どもの学びや成長は、どちらかだけに任せては成り立ちません。保護者の皆さんと同じように、教師はお子さんたち一人ひとりの成長に資する働きをしようと日々、懸命に働いています。もちろん、集団をお預かりしている学校は、一対一のご家庭の力には及ばない、至らない点も多々あるでしょう。しかし、立教女学院小学校の教職員の中に、皆さんのお子さんを愛していない者はだれ一人いません。だからこそ、私たち大人は「消費者」ではなく、子どもたちのために共に働く「協働者」としての意識を持たなければなりません。学校とは一方的に心地の良いサービスを提供してもらう機関ではなく、子どもたち一人ひとりがその個性を尊重されながら、より良い成長ができる場として存在しています。そして、子どもたちの成長のためには親が子にするように、私たちも敢えて、厳しさや困難を児童に提示する必要があるのです。そして親と同様に教師もいつも完璧ではないのです。
 アンケートを振り返り、改めて我が子も含めまして、子どもたちの事を、もっともっと褒めて、一人ひとりの良いところを見つけて、伸ばしていくような働きを心がけようと気がつきました。ご協力ありがとうございました。
 最後に6年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!小学校はこれから旅立つ、皆さんの母港です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サッカークラブ 女子5校友好試合
 2月24日(土)、女子5校友好試合が田園調布雙葉学園小学校で行われました。昨年に続き、「今年も優勝するぞ!」という意気込みで挑んだこの試合。3学期に入ってから雪などの影響でグラウンドでの練習が制限される中でしたが、少しずつ、コツコツ練習を積み重ねてきました。上級生を中心に話し合いをし、試合のフォーメーションも自分たちで考えて臨みました。
 試合当日。お天気にも恵まれ、ユニフォームを着た子どもたちが集合します。試合は全部で4試合。試合と試合の間には、お互いの反省点やアドバイスを出し合ったり、次の試合に向けて自主的に練習したりする姿がみられました。結果は1勝2敗1引き分けという悔しいものとなりましたが、一人ひとりが力を出し切り、お互いを高め合いながら、また一歩成長することができました。最後のふり返りでは、「チームで力を合わせてできたのが良かった」けれど、「もっと空いているスペースを使おう!」「守るときのポジションを考えないと!」「ミスキックをすると点を取られちゃう」などの課題も、自分たちで発見していました。
 「来年は優勝カップを取り返す!」という新しい目標もできたこの試合。今回の悔しい思いを胸に、これからも練習に励んでいきたいと思います。(小田・吉村)

田園調布雙葉学園、東京女学館、東洋英和女学院、日本女子大附属豊明、立教女学院の5校が出場しました!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バドミントンクラブ 交流試合
 3月10日(土)に、啓明学園初等学校にて、バドミントンの交流試合が行われました。計7校の学校が集まり、試合を行いました。全ての試合は、ダブルスで行い、9個のブロックに分けて、総当たり戦を行った上で勝利の数が多かったペア10組が決勝トーナメントに進むことができます。ぎりぎりのところで進むことができなかったペアがとても多く、悔しいと口々に言っていました。私たちの学校からは、6年生の1組のペアが、決勝トーナメントに進むことができました。なんとか決勝まで残りたいという気持ちと、クラブ員や保護者の方々の応援のおかげで、決勝戦まで進むことができました。体育館の中は静まりかえり、張り詰めた緊張感の中で行われました。結果は残念ながら負けてしまいましたが、最後まで諦めずにプレイする姿はとても勇ましく、クラブ員全員が心を動かされたと思います。5月から練習してきた成果をどのクラブ員も存分に発揮できたように感じました。技術面も向上し、バドミントンというスポーツを心から楽しんでいる姿が見受けられました。また、自分のプレイと向き合うだけでなく、他者の試合の応援も全力で行っている姿を見て、成長したなと思いました。1年間の集大成を飾ることができた良い一日になりました。(吉川・五十嵐)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3年生クラブ見学
 2月14日、3年生のクラブ見学が行われました。来年度からクラブ活動に参加できることになり、この見学を心躍らせて楽しみにしていました。見学前にあらかじめ調査をしていた子や、すでに希望のクラブを決めている子もいたようです。
 和気あいあいと友達と相談して活動するクラブ、黙々と自分の作りたいものに取り組むクラブ、発表会や試合に向けて力を高めていくクラブなど、クラブによって千差万別。実際に生き生きと活動する上級生の姿を見て、「うわあ……迷う!どのクラブも楽しそう。」「毎週ちがうクラブに入れたらいいのに。」という声も聞こえてきました。4月のクラブ紹介までの間、「迷う」ことも楽しみにしているようです。(吉川)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大なわ大会
 3月12日(月)の外礼拝後に行われた大縄大会。集会委員会がルールを考え企画し、各クラス休み時間や学級会の時間を使って練習し、記録を伸ばしてきました。
「用意、ピー!」という笛の音と同時に、「1ハイ! 2ハイ! 3ハイ!」と元気なかけ声が聞こえてきました。1、2年生は、ひっかかっても続けてカウントすることができますが、3年生以上は連続とびをするルールになっています。大縄は、得意な人だけが頑張っても、記録は伸ばしていくことはできません。ひっかかってしまっても、「どんまい!」「大丈夫!がんばろう!」と前向きな言葉で支え、励まし合っていました。縄に入るタイミングがうまくつかめない友達には、背中を押してタイミングを教えてあげて、仲間と協力しあう様子が見られました。結果は、6年生が1位と2位で実力を発揮。そして3位はなんと2年生。結果発表では、驚きと喜びの歓声があがりました。子どもたちの白熱した元気な声と、協力しあう様子を見て、朝の寒さを忘れてしまうほど心が温かくなりました。(尾亦)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

クレア、二度目の出産!
 7月の初産から8ヵ月半というスピード出産になりますが、若さでなんとか乗り切って、元気なアイメイト候補犬となる赤ちゃんを無事に産んで欲しいと願っています。予定日は3月18日~24日までのいずれか。明日、産まれちゃうかも!? 春休み中の出産・子育ての様子は動物介在教育ブログにて随時公開予定です。
 アイメイト協会は日本で最も歴史のある盲導犬育成団体です。アイメイト協会では盲導犬のことを「アイメイト」、盲導犬の訓練士のことは「歩行指導員」と呼びます。これはあくまでも犬が主役ではなく、目の見えない人が犬の力を借りながら、安全に歩行できるようになることを第一目的とし、そのための訓練、指導を犬にも視覚障害者にも行うという意識が表現されています。クレアのようにブリーディングを主とする役割を「繁殖奉仕」。生まれた子犬を1歳まで育てるボランティアをパピーウォーカーではなく「飼育奉仕」と呼んでいるのもアイメイト協会のポリシーです。ご興味のある方はアイメイトについて、親子で調べてみてください。(吉田)

出産直前!お腹の大きなクレアです。

 

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • リンク集
  • このサイトのご利用にあたって/個人情報の取扱いについて