学校生活

小学校だより

2017/9/29

第221号 2017年9月2日

弱くされた人への視点    教頭  吉田 太郎

 長かった夏休みも終わり、保護者の皆様もほっとされたのではないでしょうか。お疲れ様でした。

 この夏はキャンプや研修など極力制限せざるを得ないほどにクレアの子犬の世話に忙殺される40日間でした。そんな中、私の唯一の遠出といえばキリスト教学校教育同盟の仕事で参加した熊本での全国災害支援連絡会議でした。2016414日の前震、16日の本震により熊本地方に甚大な被害を及ぼした熊本地震。私はキリスト教学校教育同盟の研修担当の委員をしている関係で6月にも現地熊本への下見を行い、研修プログラムの作成を担当することになりました。その中で、九州ルーテル学院中学高等学校の校長先生をはじめルーテル教会の先生方と親交を深めることができました。皆さんどなたも復興途上の故郷の現状をできるだけ多くの人に知って欲しい、そして様々な形で支援をくださった方々に恩返しがしたい、という思いを持っておられたのが印象的でした。
 さて、8月末に行われた研修会では熊本市内からバスをチャーターし、被害の大きかった西原村や益城町そして南阿蘇を訪ねました。雄大なカルデラ地形の阿蘇山は、大地震による土砂崩れで、無残にも何箇所も山肌が露呈。東海大学の阿蘇キャンパスでは阿蘇大橋が崩落するなど大きな被害がありました。現場では活断層がはっきりと目視でき、道路の中央分離帯が大きくズレるなど地球規模の力によって山が崩れ、道路が寸断され、橋脚が落ち、学生寮や家屋が倒壊していました。震災から1年後の夏、行く先々でその爪痕を目の当たりにしました。熊本県内では未だに4万5000人余りの人が仮設住宅での生活を余儀なくされています。
 また現地で実施した研修会では、熊本地震での被災者支援、特に障がいのある方々への支援について学びを深めました。東日本大震災の時にも同様の問題が指摘されていましたが、いざ災害が起こった時に各避難所への障がい者の受け入れの難しさ、震災弱者とも言える女性や子ども、特に障がい者への支援がまだまだ足りていないという厳しい現状にも触れました。誰もが生命の危険を感じるほどの災害時であっても、いかに等しく支援し、あるいは助け合うことができるか。教育現場では昨今、インクルーシブ教育」ということがテーマに掲げられています。人権意識やいのちへの態度、こういった姿勢を子ども時代から学び、肌感覚として身につけていかなければ、災害時に障がいのある方々への配慮といったところまで手が届かないのだと思います。「平時が非常時の鏡」そして「顔の見える関係」の重要性といったことも、大変印象に残りました。

 毎年のように自然災害に見舞われる日本列島に暮らす私たちにとって、互いに思いやる気持ちや助け合いの精神といったものが古くて新しい重要な価値となるでしょう。熊本ラーメン、馬刺し、ちくわサラダ……。美味しいお料理をいただきながら、これからの立教女学院小学校の子どもたちに必要なスキルは、避難訓練と同時に日頃から助け合うこと、そして弱くされた人たちへの視点を持つことなのではないか、と考えました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪イングリッシュアドベンチャー報告≫

We are “Happy Campers!”
 827日〜30日の3泊4日で、新潟県中魚沼郡津南町にて、英語サマーキャンプを開催しました。「キャンプに参加したら、そこはもう外国!」嬉しいことや頑張ったことはもちろん、分からないことや1人だとできないことも、みんなと共有しながら楽しむ姿がたくさん見られました。(中村)

いよいよ英語キャンプが始まる!    9段もの河岸段丘がある津南にて     スラックラインに挑戦!

できることは自分で。もしもの時はパートナーも助けてくれるよ!


"Left hand up!"  "Right foot up!" 声を掛け合いながら登り方の練習

綺麗な部屋、時間を守って行動をするチームを目指してみんなで協力。毎朝表彰されるよ!

    
絞り染めで作ったオリジナルTシャツ       安全確認・漕ぎ方を教わってカヤック体験

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪聖歌隊キャンプ報告≫

 8月23日~24日、今年も軽井沢で聖歌隊キャンプをおこないました。日頃まとまった練習時間が取れないので、4時間ほどたっぷり練習をし、研鑽を積みました。キャンプを通して5年生と6年生の交流が深まると、それが歌声に表れます。呼吸が揃い、声が一つにまとまってくるのです。
 2日目に訪れた群馬県の老人ホーム「新生会」では、おじい様おばあ様方の心を揺さぶるような歌をとどけようと、奉唱会をさせていただきました。「赤とんぼ」や「ふるさと」などの童謡を一緒に歌うと、おじい様おばあ様方の表情がみるみる和らいでいきました。涙を流して歌う姿や、握手をしたシワシワの手から、子どもたちは何を感じとったでしょうか?こういった体験こそ、聖歌隊がずっと大切にしてきたことです。キャンプを始めて来年で20年。小さな種がいつか実を結ぶように、これからも奉仕活動を続けていきたいと思います。(音楽科 上川)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪クレアの赤ちゃん≫ 

 学校犬クレアが7月1日に9頭の子犬を出産。7月の終業式までの2週間は子犬たちも学校へ登校し、子どもたちと触れ合う機会がありました。手のひらに乗るほどの小さな命のぬくもりに大人も子どもも感動し、笑顔になり、とても幸福な時間を過ごすことができました。目が開き、歩き出し、離乳食が始まりました。ぐんぐん成長する子犬たちは生後1ヶ月を過ぎた頃から徐々に排泄物も大きくなり、鳴き声もご近所迷惑になるほどに。生後2ヶ月の今では体重も4キロ超え。そんな子犬たちは9月5日にアイメイト協会から選ばれた飼育奉仕家庭の元へ巣立っていきます。子犬たちが将来、アイメイト(盲導犬)となって視覚障がい者の方々の自立や社会参加のために役立つようお祈りください。そして、私たちも子犬たちに負けないよう、互いに愛し合い、助け合う事を喜びとできるよう成長していきたいと願っています。(吉田)


 

2017/9/7

第220号 2017年7月20日

夏休みを迎えて    校長  佐野 新生

 厳しい暑さが続いています。連日の最高気温予想に、また今年も猛暑かとげっそりです。本日、本校では終業式を迎えましたが、九州北部の豪雨による大被害も報じられており、心の痛む夏休みのスタートとなってしまいました。被害に遭われ困難の中におられる方々の上に神様の導きと回復への手立てが速やかに与えられることを心からお祈りしております。
 7月1日に学校犬のクレアが予想を上回る9頭もの仔犬を無事に出産しました。盲導犬を育成する公益財団法人アイメイト協会に属し盲導犬の候補犬を産むという大切な役割を担ったラブラドール・レトリーバーのクレアは、まだ2才になったばかりという若さでありながら、妊娠期間中に母親としての風格をどんどん増し加え、実に立派になっていきました。いよいよ出産直前となると、身重という表現がぴったりの大きなお腹を抱え、疲れていながらも苦痛や悲壮感ではなく、むしろこれからの大仕事に向かって前向きに立ち向かっていこうとする意欲を全身で表現し、喜びや充実感を感じさせる表情を見せることも増えていきました。この一連の変化に私は大いに驚かされ、誰に教わったのでもないであろう自然の摂理の妙に感じ入っておりました。吉田教諭の奮闘の甲斐もあり、仔犬は9頭とも順調に大きくなっています。今週に入り目を開き動き回り始めました。心を鷲掴みにされるような可愛さです。子どもたちにこんなに可愛い仔犬たちと健気に子育てに励むお母さん犬の姿を見せられることは本当に幸せなことだと感じています。仔犬は夏休み明けにはアイメイト協会に引き取られ、盲導犬への道を歩むことになります。保護者の皆様に様々な面でのご協力を頂いておりますことを感謝申し上げます。
 こういった状況もあり、今年は夏のキャンプに校長が3期間連続で参加しました。その中で、子どもたちがキャンプに参加することの教育的な意義は、非常に大きなものがあると改めて感じております。キャンプ生活では、他の人と共に快適な生活が送れるように配慮し、自分自身も力を発揮していかなければなりません。教員や友だちの話を良く聞く、施設を綺麗に使う、係などの役割は責任を持って果たす、レク活動は皆にとって楽しいものになるように、他者に配慮し言動にも気を遣う、慣れない野外炊事にも挑戦する、汚れた鍋釜も食器も協力して洗い上げる……様々なハードルが次々に立ちはだかります。しかし一つひとつのハードルに全力で立ち向かうことで、仲間と共に乗り越えた達成感と充実感が生まれ、その喜びや自信が確かな成長につながっていくのです。
 3年生は帰る際に、「私も6年生のお姉さんのように細かく気のつくやさしいお姉さんになりたい」と感想を述べ、頑張っていた6年生は感激しておりました。これからも他者の幸せを我が喜びと感じられる人格を育てていって欲しいと願っております。
 明日からの保護者面談は日頃のお子様の学習や生活の様子、成長や課題を単に通知表や点数という評価でお伝えするだけではなく、全人的な成長や課題解決のために、保護者と担任らが直接お会いして分かち合うことを目的としています。どうかご理解とご協力をお願いいたします。それでは、健康・安全に配慮され、有意義な夏休みをお過ごしください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪キャンプ報告≫
あなたがたは神に愛されている子どもですから、神に倣うものとなりなさい(エフェソの信徒への手紙5章1節)

【3年生 キャンプ生活を「たのしみ」ましょう】
 ドキドキしながら迎えた初めてのキャンプ生活。
 キャンプ初日、自分の体ほど大きなリュックサックを背負い学校に到着。となり同士になった6年生とバスレクを楽しんでいると、あっという間にキャンプ場に到着しました。心地よい風を受けながら、芝生の上でお弁当を食べました。その後、キャビンで協力しながらベッドメイキング。夜にはキャビン紹介を行いました。
 キャビンで考えたパフォーマンスを大勢の人の前で見せるのは緊張しました。ゲームもたくさんして仲良くなった上級生が増えました。
 キャンプ2日目。この日はイベントが目白押し!まずは野外炊事でカレーを作りました。かまどから出る煙に涙し、慣れない包丁に悪戦苦闘しました。
 「こうやって、野菜を切るんだよ。」とけがをしそうな手つきの私たちに、6年生は優しく野菜の切り方を教えてくれました。キャビンの一員として精一杯がんばった後のカレーの味は、今まで食べた中でナンバー1!でした。
 夜はキャンプファイヤー。「このまま楽しい時間が続けばいいのに…。」と思いました。
 キャンプ最終日。
 いよいよ6年生とのお別れが近づくと、「ありがとう」「これからも仲良くしてね」「もっといっしょにすごしたかった」という気持ちがこみ上げてきました。 一足先に遠足に出発する6年生のバスが見えなくなるまで、必死に手をふりました
 その後、ライジングフィールドに行って、川遊び。高い木々に囲まれた林を抜けると、遠くのほうから何種類もの鳥の声が聞こえました。夏の暑さに対し、川の水はしびれるほど冷たいものでした。水をけって友だちとかけ合ったり、草にかくれていたカエルを見つけたりしました。
 初めてづくしでしたが、「あんな6年生になりたい!」という新しい目標ができたキャンプになりました。(吉川)

 

【4年生 自分たちで考えて「たのしみ」を発見しましょう】
 昨年は6年生が一緒にいて、教えてもらいながら、色々とやってもらうことの方が多かったのですが、今年は「自分たちだけで頑張ろう」と、意気込みが違いました。「自分たちで考えて、たのしみを発見すること」を目標に、キャンプが始まりました。
 みすず山荘に到着し、まずは「ベッド作り」です。話を聞いていないと自分たちだけでは作れないと思い、保健係の説明を真剣に聞きました。キャビンの8人で協力することの必要性とともに、そのおもしろさも感じ始め、1日目夜のキャビンピックも勝負に燃えながらも、楽しく過ごすことができました。
 2日目は一番のイベント、野外炊事です。係分担したものの、係の人に任せきりにすることなく、自分の仕事が終わったら、他にできることはないかを探し、率先して手伝ったり、片付けたりする姿が印象的でした。おこげができてしまうキャビンもありましたが、おいしいカレーができ、そのおいしさは協力した証のように感じたようです。
 3日目には野鳥の森をガイドさんと共に歩き、夜にはキャンプファイヤーがありました。火の精が点けてくれた火の明かりのもと、暗闇の中でのゲームや歌に大興奮。一生懸命に楽しみ、盛り上がりました。
 自由時間にはベローナやブレスと走り回り、芝生の上を転げ回ったり、ボールを使ってバレーボールやドッジボールをしたり、思う存分遊びました。係の仕事も一生懸命にこなし、1年で大きな成長を見せてくれた4年生。キャンプで感じたこと、学んだことを、学校生活の中でもたくさん発揮してほしいと願っています。(鈴木)

              

【5年生 「たのしみ」を創りだしましょう】
 「たのしみ」を創りだしましょう。4年生より一段進んだ目標を踏まえ、軽井沢でのキャンプがスタートしました。
 1目の夜はキャビンピックと題して、様々な競技をキャビンごとに競います。係の子どもたちは、先生に頼らず自分たちで企画を準備しました。実際に運営していく中で計画を変更することもありましたが、参加する子どもたちもまた、前向きな発言で「たのしみ」を創り出す大切さを学ぶ機会となりました。
 2日目は、いよいよ自由献立の野外炊事です。朝から滝のような土砂降りでしたが、大きなピロティの下なら大丈夫。キャビンごとに協力して食事を作り、心と体を満たしました。
 夕方になると雨はピタッと止み、ピッキオでのナイトハイクも実施できました。再整備されたばかりのビジターセンターに接する木の巣箱には、今年生まれたムササビが入っていました。特に若いムササビは、自然の中で生き残るために過敏になっており、小さな声や指をさすなどの動きであっても危険と判断してしまいます。たった1人が約束を守らないだけで、非情にも野生動物はその姿を見せてくれることはありません。ピッキオのスタッフのアドバイスを元に静寂を保ち、72名で見守る中でムササビはその姿を現してくれました。ムササビは木をよじ登り、暗闇に姿を消して行きました。その後は、ヒメコウモリの観察や漆黒の森の中でのプログラム。貴重な体験ができたとともに、その良い学びの時間を作り出すためには、全員の協力が必要なことも学べました。
 梅雨の真っ只中にもかかわらず、3日目、4日目のプログラムも最高の環境で実施でき、神様に見守られていることを実感できたキャンプとなりました。(大澤)
自由献立のメニュー
         

大きな大きなキャベツと白菜!頑張って持ち帰りました!

【6年生 「たのしみ」を人に与えましょう】
 6年生にとって、最後となる軽井沢のキャンプ。「たのしみを与えましょう」の目標をもって、3年生と一緒に2泊を過ごしました。初めてキャンプに参加する3年生に心を寄せ、自分たちの経験をもとにして接し方を考えることは、客観的に自分自身を見つめ直す良い機会になったようでした。話のきっかけをつくろうと工夫したり、腰をかがめて3年生の髪を結んだりと、相手の立場を想像して寄り添う姿はとてもほほえましく頼もしいものでした。
 3年生が帰京したあと2泊延長してのクラスキャンプでは、気心の知れた仲間たちと思い切り遊んだり、白糸の滝へ遠足に行ったり富岡製糸場を見学したり、日常を離れた時間を過ごし友達の新たな一面を知る機会となったようです。自分たちで企画を運営することを通して、準備や相談の重要さを学び、リーダーとして役割を果たそうとする仲間を支える大切さを体験することができました。最後の夜は、みすず山荘の広い芝生の上でテント泊。明るいうちに、協力してみんなでテントを張ると気分が盛り上がります。夜、パジャマに着替えて寝袋を抱え、そーっとテントに入ると、いっそうわくわくしてなかなか眠れないようでした。朝晩は寒く感じる軽井沢でしたが、テントの中は寄り添って眠る子ども達の温もりで暑く感じるほど。特別な経験の夜になりました。充実した思い出と、たくさんの学びを得ることができたことを神様に感謝しています。(杉本)
       
       

2017/7/28

第219号 2017年6月26日

欠けたる土の器    教頭  吉田 太郎

イエスによって召し選ばれた12人の使徒(弟子)たちは、最初のキリスト教徒であると言えます。十字架の死と復活、昇天の後、聖霊降臨によって使徒たちは世界中に派遣され、キリストの意志を継いで「神の国」を宣べ伝えていきました。現在、キリスト教徒は約22億人以上と、世界三大宗教の中で最も信者数が多い宗教となっています。始まりは12人の弟子だったことを考えますと、爆発的な成長と考えられます。さて、そのような急成長を成し遂げたキリスト教の最初の12使徒とはどういった人物だったのでしょうか。福音書の中で描かれる使徒たち、特に一番弟子といわれるペトロを例にとって考えてみましょう。

ペトロはガリラヤ湖の漁師でした。ガリラヤ地方は都としてのエルサレムから北へ約百数十キロ、山に囲まれた湖水地方です。周辺を異邦人が多く住む辺境地域に囲まれていたこともあり、ガリラヤの男たちは常に外敵と戦うことを奨励され、粗野で頑固な一面が大いにあったことでしょう。「シモンと呼ばれるペトロ」(マタイ10章2節)とあるように、本名がシモンであり、ペトロは「岩」という意味から来たあだ名です。イエスから頑固者で融通が利かないことを指摘され「岩(ガン)ちゃん」とあだ名で呼ばれ、それが彼を表す名として後世に伝えられました。
ペトロは12使徒の中では一番弟子であり、リーダーですが、彼の一直線な性格が災いし、何度もイエスに叱られ、時には「サタンよ退け!」なんて言われて、ショックを受けて落ち込んでしまうような人でした。「神の国を宣べ伝える」という壮大な目的を達成するためには、できるだけ能力が高く、専門性のある、優秀な人材を求めるのが普通でしょう。しかし、イエスが選んだ12使徒は必ずしも私たちがエリート、リーダーと考えるような人たちではありませんでした。頑固者、短気な者、裏切り者、徴税人など様々です。神様はあえて、完璧ではないものを通して真理を顕そうとすることがあるのです。そもそも、人間とは欠けたる土の器である。ということなのでしょう。

そんなことを考えていたら、『さかさ町』F.Emerson Adrews(岩波書店)という一冊の本のことを思い出しました。リッキーとアンという兄妹が乗っていた電車が線路事故で引き返し、「さかさ町」という名の町で途中下車をします。ここでは子どもが働き、大人が遊び、お店では商品は買うのではなく、もらう。そればかりかお金までもらえちゃう。そんな不思議な町のお話です。最初は驚きの連続だった兄妹でしたが、すぐにその面白さに惹かれていきます。常識と思われることを疑って考えてみる。逆から見てみる。そうするとそれまで見えなかったものが見えてくるようなことがあります。私たちの生きる社会システムでは、便利さや快適さを追い求め、どれだけ沢山、何かを手に入れたか?で優劣が決まるような価値観が支配しています。世の中の流れにただ身を任せていれば、それはそれで楽なのかもしれませんが、本当にそれでいいのだろうか?と、一抹の不安を覚えます。立教女学院小学校の子どもたちには、欠けたるものの価値を大切にしつつ、自分の目で見て、自分の頭で考えて、行動できる大人に成長して欲しいと願っています。

ちなみに原作のタイトルは『UPSIDE-DOWN TOWN』、1958年に出版された児童書です。欠けているからこそ、手当てし、助け合い、支えあい、考え続けることが必要になる。「Upside-Down」って、イエスさまも今の私たちの世界をご覧になったら、きっと呟かれるんじゃないかなと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

≪英語でプログラミング≫

6月13日(火)、絵本「ルビィのぼうけん」(翔泳社)の著者、リンダ・リウカスさんがフィンランドから来日し、4年生向けに「英語でプログラミング」のワークショップをしてくださいました。

今回のメインは、コンピュータになりきって、自分の決めたアルゴリズム(手順)に従って絵を描くこと。まず、二人組でどんな絵にするか、手順はどうするか相談します。例えば「カメラ」を描きたいペアは、「長方形の中に正方形を描く→正方形の中に円を描く→長方形の上にもう一つ正方形を描く」というアルゴリズムを考えました。
次に、コンピュータになりきります。グループで大きな紙を囲み、アルゴリズムに従って、”RUN”と言われたら、ひたすら決めた模様を描きつづけます。ふと気がつくと、様々な模様が結集した1枚からは、なんともいえぬハーモニーが。

”How do you feel from this picture?”「街っぽい!」「夏みたい!」と、言語をまたいだコミュニケーションが広がります。

最後は、「コンピュータは、速く正確に動ける。人間には、感情がある。だから、コンピュータと人間が協力したら、本当に素晴らしいことができるね」と温かい気持ちで締めくくられました。(AL 徳山)

~児童の感想より~
・人間がかくと変わってしまうけれど、コンピュータは全く同じものがかけるということにビックリした。
・プログラミングって、アプリを作ることだけじゃないんだと思った。
・リンダさんがやさしくて、英語がペラペラでない私も楽しくできてうれしかった。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪第39回 陸上記録会報告≫

6月4日(日)に成蹊学園グランド(陸上競技場)にて、第39回陸上記録会が開催されました。当日は都内の私立小学校11校が参加。晴天に恵まれ、選手たちは非常に素晴らしい競技場でそれぞれの種目に臨みました。
 今年の陸上記録会には、昨年を2名上回る36名が出場を希望。5月下旬に選考会を実施し、5年生と6年生の計18名が学校代表として選出され、出場しました。

選手全員が自己記録の更新を目標に、自分の力を存分に発揮することができ、結果的に1位になった選手が3名もおりました。最終種目の4×100mリレーでは、昨年と全く同じメンバーで挑み、59秒台という好タイムを記録し9チーム中2位に入りました。(体育科 草苅)

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪2年生の栽培活動≫


2年生は、生活科の学習で、野菜を育てています。一人ひとりの鉢ではミニトマトを、学年のプランターではきゅうりを、教材園では枝豆となすを栽培しています。

ミニトマトの苗を鉢に植える時、片方の手で茎を支えながら、もう片方の手で土を入れるということが難しく、「曲がっちゃう!」と苦労していました。教材園で土を耕していると、ありや幼虫、ミミズなどの虫たちとの出会いもありました。虫たちのお家にお邪魔して土に触れ、根深い雑草と格闘しながら、さまざまな発見をしていました。日々の水やりについては、タイミングと量を考えながらお世話を続けました。

6月になると、ミニトマトの実が赤く色づき始め、収穫できるようになりました。収穫したミニトマトは、家庭に持ち帰るか、学校で食べてもよいことにしています。採りたてのミニトマトの味は格別。「甘くておいしい。」と本当に嬉しそうに食べる子どもたちの笑顔は、何度見てもこちらを幸せな気持ちにしてくれます。1個のミニトマトを切り分けて、家族みんなでおいしくいただいたというお話もうかがいました。

なすが収穫できた時には、学年で集まって焼きなすにしていただきました。お店で売っているものに比べたら小ぶりでしたが、香りも味もしっかりしていました。ホットプレートに並べられたなすを眺めながら、なすが焼けるいい香りを楽しみました。収穫できたことに感謝して、「いただきます!」 みんなで分け合ったので、ほんの一切れずつでしたが、大切に味わっていただきました。普段はなすが苦手な人も挑戦し、「なすはにがてだとおもったけれど、わたしたちのなすはおいしかったです。」という感想もありました。

土と水と太陽と、みんなの愛情によって、これからもおいしい野菜が収穫できるのを楽しみにしています。(2年 石原)
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • リンク集
  • このサイトのご利用にあたって/個人情報の取扱いについて