学校生活

小学校だより

2017/11/30

第223号 2017年10月31日

多様性と持続可能性について、コーヒーを飲みながら考えてみました。    教頭  吉田 太郎

 立教女学院は今年で創立140周年を迎えます。1877年(明治10年)の創立ですから、日本のミッションスクールの中でも最も歴史のある学校の一つだと言えます。混沌とする社会の中で、私立学校の「建学の精神」を守る、ということが問われています。立教女学院はキリスト教に基づく女子教育を行い、神と人とに奉仕する人間形成に仕えることを使命(ミッション)としてきました。140年という節目の年を迎え、改めてこの建学の精神の現代的な理解に真摯に向き合う必要を感じています。 

 さて、11月中旬には、4年生は秋のスタディツアーで茨城県常陸太田市金砂郷へ出かけ、久慈川で鮭の遡上観察を行います。また初日のフィールドワークは久慈川の支流である浅川で活動します。5月には田植え、9月には稲刈りを5年生が体験している場所です。「リバースミスの学校」と称して、毎回、地元の方々と一緒に川の清掃活動などの取り組みを通して、生物の観察や採取、川遊びなども楽しませていただいています。小さな川の周辺には水草が伸び、岩盤のくぼみにはオイカワやカワムツといった魚、ヤゴやタガメなどの水生昆虫、ドジョウやナマズ、サワガニといった生物が何十種類も生息しています。自然界はこんなにも豊かなバリエーションによって調和が保たれていることに、訪れるたびに驚かされます。もしもこの川に同じ種類の生物しか生息していなかったら、周囲の自然環境が大きく変わってしまう、極端に言えば滅んでしまうのだという話を教えていただきました。美しい里山の風景の中には、いろんな生物がいるからこそ成り立っている自然の摂理があります。持続可能な世界を実現するために大切なことは「同じ」であることよりも「多様である」ことなのだという真理を、あの小さな川は私たちに教えてくれているのです。 

 フランスで出版され日本でも話題になった「茶色の朝」(2003Frank Pavloff著)という小さな本があります。これは、すべてが茶色だけになってしまった国のお話です。ある日“すべてのものが茶色でなければならない。”という命令が政府から出されます。身の回りの持ち物や服も全てが茶色。飼っていた犬や猫までも茶色でない、という理由だけで手放さざるを得なくなる。ついには、新聞やラジオも「茶色新聞」や「茶色ラジオ」に……。そんなバカげた命令にも関わらず、茶色であることを無批判に受入れる「俺」とシャルリー、二人の会話からなる寓話です。普通の人々が日常の中で享受してきた「茶色」一色の世界ですが、かつて茶色ではない犬を飼っていたという罪に問われシャルリーが逮捕され、翌朝、ドアを激しく叩く音で目覚めた「俺」は激しく後悔をします。
 「茶色の朝」を迎えたくなければ……。巻末に哲学者の高橋哲哉氏は次のようなメッセージを寄せています。
『自分自身の驚きや違和感を大切にし、なぜそう思うのか、その思いにはどんな根拠があるのか、考え続けることが必要。』
 どこかの偉いさんが決めたことだから。私には直接的には関係がないから。毎日忙しいから。と、やり過ごすことで思考停止になってはならない。思考停止を止めること。考え続けること。そんなことにこだわり続けると、この世の中ではますます生きづらくなってしまうのかもしれません。しかし、多様性の中にこそ持続可能性があるように、茶色だけでない色つきの自由を大切にすることこそが、これからのキリスト教学校にとって、そして立教女学院の「建学の精神」を大切にしていくためにも、重要な教育課題であると考えます。
 カラフルな150年を迎えるために。 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪運動会を支える5・6年生≫
 5・6年生は運動会に向けて、それぞれの係で打ち合わせや準備を重ねて当日を迎えました。運動会を縁の下で支える様子をご紹介します。

   賞品・参加賞         装飾          記録           競技
賞品・参加賞係
 等賞リボンは女学院ならではの、児童による手作りです。きれいな形・ほどけにくいリボンになるよう頑張りました。リボン授与補佐や参加賞の準備なども行い、みんなに喜んでもらえるよう、陰ながら運動会を支えています。
装飾係
 装飾係の仕事は、「運動会」の看板作り、各クラスで描いた万顔旗のとりまとめ、入退場門の設置の3つです。看板のデザインを考えて制作し、万顔旗の扱いでロープワークも学びました。白いお花を全面リニューアルした入退場門は、来年きっと活躍してくれるでしょう!
記録係
 運動会の進行状況を見ながら、それぞれの種目にかかった時間や得点経過などを記録していきます
競技係
 徒競走、リレー、学年競技の「縁の下の力持ち」として、各競技の進行を裏方として支えます。選手の先導、整列、ゴールテープの設置などの仕事をしています。一人ひとり自分の役割をもち、素早く動き、運動会がスムーズに進行できるように気を付けています。

      用具          放送          得点           児童
用具係
 
運動会の黒子として、素早く用具を準備し、すみやかに競技が始められるようにがんばりました
放送係
 
運動会当日のアナウンスと、音楽を流す仕事をします。アナウンサーは昨年の原稿に倣って原稿を書き替え、音楽担当は学年や競技に見合った音楽を選びました。当日は臨機応変に対応する場面が多いので、緊張感のある仕事です。
得点係
 
全校児童の努力が形に表れる「点数」を扱う大切な仕事です。一人ひとりがその責任をしっかり心において取り組みました。今年度は、閉会式で数字を掲げる形での得点発表となりました。
児童係
 
児童係には、大きく分けて2つの仕事があります。運動会当日に低学年のお世話をする係と、競技で使用する鉢巻・たすき・ビブスを配布・回収し、管理する係です。運動会が円滑に進み、誰もが気持ちよく過ごすことができるように、仕事内容を把握しタイミングを見計らって活動しています。

           
 応援                救護
応援係
 
1年生から6年生までが、心を合わせて応援できるように考えて準備しています。聞きなれたメロディーに歌詞と踊りをつけて応援歌も考えます。5・6年生で知恵を出し合い、練習を重ねていくうちに応援団も団結していきます。
救護係
 どんなことで救護に来るのか、どんな手当をするかを考えて、物品を準備しました。拭き綿や綿棒は、何度も洗ったきれいな手で作りました。当日は救護係が活躍することもなく、無事に終わってよかったと思います。

 予備日も雨となりましたが、中学校・高校のご厚意により、新総合体育館で開催することができました。保護者の皆さまには柔軟にご対応いただき、また多くのご声援をいただき、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪芸術鑑賞会報告≫
 9月29日(金)聖マーガレット礼拝堂で芸術鑑賞会をおこないました。今年は学院オルガニストの岩崎真実子先生に、聖マーガレット礼拝堂やオルガンについてのお話と、演奏をしていただきました。
 始めに礼拝堂についてお話くださいました。スコットランドのマーガレット王妃は、弱い者のために生涯を捧げた慈愛の人で、カトリックや聖公会では聖人とされている人です。その名前をいただいている聖マーガレット礼拝堂は、スコットランドのエディンバラ城の聖マーガレット礼拝堂と、とてもよく似ているそうです。第二次世界大戦をはさんで、立教女学院のシンボルとして愛され続けています。岩崎先生も、先生のお母さまも卒業生で、同じチャペルで青春時代を過ごした思い入れのある場所だとおっしゃっていました。
 次にオルガンについてお話くださいました。オルガンは教会の大きさに合わせて小さくも大きくも作れる楽器で、「楽器の王様」と呼ばれているそうです。聖マーガレット礼拝堂のオルガンも、礼拝堂の大きさに合わせて設計、設置したもので、世界でたった一つの特別な楽器とのことです。
 「オルガンとは教会まるごとを指します。教会の中に響き渡る音がオルガンの音で、私たちは今、オルガンのお腹の中にいるのです。」という先生の言葉を胸にとめながら、演奏してくださったバッハの曲にじっと耳を傾けました。(音楽科 上川)

~子どもの日記より~
・きょう、はじめて こうこうせいのおいのりする、まーがれっとれいはいどうにはいりました。そこには、みたことがない おおきなおるがんがありました。すごいおおきなおとをだすときに、いすが ぶるぶるってふるえるかんじがしました。(1年生)
・れいはいどうに入った時、れいはいどうがきれいでおどろきました。オルガンの中には2千9百本い上のパイプが入っているときいてびっくりしました。足のけんばんだけできれいな音がでることもおどろきました。オルガンをひくときだけ はくくつもあることにおどろきました。(2年生

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪退職者あいさつ≫
 この度、出産のために、10月をもって皆さんとお別れすることになりました。昨年の4月から聖書のお勉強を一緒にできたことは、わたしにとって本当に幸せで心が温かくなるひと時でした。神さまはその時その時に合わせて、わたしたちの目の前に支えるべき人、仕えるべき人(隣人)を与えられます。これまでは、小学校で出逢う皆さんに神さまの愛を持ってお仕えしてきましたが、次に神さまから与えられたのは、どうやらわたしのお腹の中の双子の赤ちゃんのようです。神さまから託された二つの命に感謝して精一杯育てていきたいと思います。1年半の短い間でしたが、本当にありがとうございました。立教女学院のすべての人たちが周りの人から愛され、そして、互いの命を大切にして、支え合って、幸せに生きていけますよう、心からお祈りしています。
川上咲野(聖書科)

2017/10/31

第222号 2017年9月29日

狂言教室に参加して    校長  佐野 新生

 暑さ寒さも彼岸まで、と言われる通り、ぐっと秋らしくなりました。総合体育館の横には始業式ごろからすでに銀杏が落ち始めています。東京の銀杏は9月下旬ころから11月上旬と言われているようですが、今年は少し早いようです。
 秋は芸術のシーズンでもあります。先日は6年生の狂言教室に同行しました。本校では6年生対象の能楽・狂言教室を長年続けており、その都度国立能楽堂や観世能楽堂などに出かけていましたが、ここ数年は杉並区和田一丁目の杉並能楽堂で狂言教室を開催していただいています。大蔵流狂言の伝統を担う山本家の本拠地である杉並能楽堂は、玄関からは落ち着いた雰囲気の日本家屋にしか見えませんが、廊下から一歩入ると立派な能舞台が広がり、度肝を抜かれます。大蔵流は猿楽の本流とされる大和猿楽系の狂言を伝える唯一の流派とのこと、現在の当主である山本東次郎氏は四代目で80歳、重要無形文化財(人間国宝)です。
 子どもたちは敷居や畳の縁、座布団を踏まないことなど、予め聞いていた注意を守りながら、緊張の面持ちで能舞台の前の座布団に正座し、開演を待ちました。最初に演目の説明を聞き、狂言は人間の営みの愚かしさを楽しい劇で表現したものなので、大いに笑って楽しんでよいこと、足も崩して構わないが、舞台上の方々に御挨拶をするときは、きちんと姿勢を正して挨拶をすること、等々のお作法も教えていただき、少し緊張がほぐれたようでした。「柿山伏」と「附子」という二番の狂言が一門の方々によって演じられ、現代の言葉遣いとは大きく異なる台詞でしたが、子どもたちは大筋を把握し、大いに笑い楽しんでいました。現代の子でもちゃんとわかるのだなぁ、と、嬉しく感じました。次はワークショップです。子どもたちに、笑い声や鳴き声などの発声法や、舞台上での立ち方、歩き方、早足の仕方などを楽しい雰囲気の中で教えていただきました。そして最後に四代目山本東次郎則壽先生が登場しました。狂言での表現の特徴、山本家が大切にしていることなど、若い人たちに伝えておきたいという真剣な思いの溢れるお話でした。【たしなみのある人は、物を壊す、暴力をふるう、というような光景をリアルに見たいとは思わない。だから狂言では、およそ実際の様子とはかけ離れた象徴的な動きや音を使い、情景を想像させるのだ。人間は強い刺激にはすぐに慣れてしまい、さらに強い刺激を求めていってしまう、そのようなことを良しとしない。また、舞台の演者が不意を突いて観客を驚かせ、舞台への集中を回復させようとする、ということも絶対にやってはならないこととして禁じている。・・・・・・】狂言の中に流れている高い精神性についてのお話に、深い感銘を受けました。最後に先生が舞を舞われましたが、舞うとなった途端に舞台上の空気は一転しました。びしっと紋付を着こなし、研ぎ澄まされた面持ち、全身からほとばしる気迫の凄さ。指の先まで神経の行き届いた、実に品位の高い凛とした素晴らしい舞。まさに圧巻でした。
 能楽堂へは例年、学校からバスを利用していましたが、今年は初めて往復電車を使いました。6年生はさすがに様々な機会で団体乗車の経験を積んでいるだけに、良い態度を示してくれました。
 駅や電車内でのマナー向上に関して、学校でも力を入れて取り組んでおりますが、ご家庭でのご協力も引き続きどうかよろしくお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪スタディツアー5年生 茨城県金砂郷 5B・9/6~7 5A・9/7~8≫
 
お天気が心配される中、両クラスとも無事に稲刈りをすることができました。私たちが植えた苗は無事に育っているのかなぁ、どれくらい成長しているのかなぁと、期待をふくらませながら金砂郷に向かいました。「わぁ!稲だ!お米だ!」5月に植えた苗が、黄金色に輝いて一面に広がっていました。金砂郷の静かな田んぼには、鈴虫やカエルの声が響き、秋の訪れを告げていました。
 夏の間も地元の方々が一生懸命育ててくださったことに感謝しながら、いよいよ収穫のとき。ザッザッザッという音とともに、収穫の喜びをかみしめながら稲を刈っていきます。前日まで降っていた雨の影響で、長靴がすっぽりと田んぼの泥の中にはまって出られなくなってしまう子も。そんなとき、友達同士で助け合う様子もほほえましい光景でした。お米の一粒一粒には、たくさんの苦労や愛情がこめられていることを、身をもって感じることができました。子どもたちは、自然にふれ、地元の方々と交流する中で、学びを深めていったようです。(5年 尾亦)

作文より
・到着すると、春に来た場所と同じなのに、なぜか別の場所に来たような気がしました。多分、自分たちの植えたあんなに小さな苗が立派に育ったからかもしれません
・くきの部分を刈っていくのがとっても楽しかったし、何より気持ちよかったです。やりだすととまりませんでした。
・金砂は田畑が広がり落ち着く町だから、住んだら気持ちもおだやかになりそうだと思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪スタディツアー6年生 南三陸 6A・9/11~13 6B・9/14~16≫
 
東日本大震災による大きな被害からの復興を目指す南三陸。1日目はまず、石巻市の大川小学校を訪問しました。現地では、大川小学校でご家族を亡くされた、只野英昭さんと佐藤敏郎さんからお話をうかがう機会を得ました。震災後の思いや、防災に対する自主性の大切さなどを熱く語っていただく姿から、6年生の子どもたちは多くのことを感じ、考えることができました。大川小学校から南三陸町に向かうバス車内では、当時消防士として災害復旧の任務にあたっておられた佐藤誠悦さんから、当時の町の様子を聞かせていただきました。実際に津波が襲った現場をめぐり、熱心にお話を聞きながら当時の様子を想像し、亡くなった方々・復興に尽力されている方々へのお祈りを捧げました。
 2日目は、南三陸の豊かな自然にふれる体験をしました。漁船に乗って海に出ると、恐ろしい津波をもたらしたとは思えないほど、穏やかで海産物豊富なやさしい海を感じることができました。港では漁師さんたちが、とれたてのホタテやイカなどの海の幸をふるまってくださって、みんな大満足。山では、農家の阿部博之さんの果樹園で、収穫のお手伝いをさせていただきました。といってもお手伝いは最初の数分。あとは、もぎたての甘い甘いプルーンやりんごをその場でたくさん食べることに。子どもたちが「おいしい!」と喜んでいる様子を、そばでニコニコと見ていらっしゃる阿部さんの笑顔がとてもおおらかで温かく、南三陸の優しさを表しているように感じました
 最終日は、温かく迎えてくださった南三陸への感謝をこめ、老人ホームの「慈恵園」にお邪魔して歌をお届けしました。一緒に歌い、お話をすることで子どもたちの心に南三陸での出会いが心に深く刻まれたのではないかと思います。
 南三陸の人たちは、みんな笑顔だった。それは生きていることの大切さを知っているからだと思う。私は、南三陸の人たちから大切なのは「仲間」それと「家族」なんだと教えてもらった。(児童の作文より)
 貴重な経験をさせてくださった南三陸の方々と、6年生の心を豊かに育ててくださる神様に感謝することができたスタディツアーとなりました。(6年 杉本)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪第40回水泳記録会報告
 少し前になりますが、9月10日(日)に明星学苑総合体育館プールをお借りして、第40回水泳記録会が行われました。当日は都内の私立小学校14校が参加。 (女子校で参加している学校は本校のみ!)
 本校からは8月下旬に行われた選考会を経て、学校代表として4年生2名、5年生5名、6年生3名の計10名が出場。初めて出場する選手も多くいましたが、自己記録の更新を目指して一生懸命泳ぎました。結果としては、ほとんどの選手が選考会のタイムを上回る泳ぎを見せてくれました。
 女子50m背泳ぎでは大会新記録が生まれ、また、他校の上手な選手の泳ぎを間近で見ることができ、とても充実した1日となりました。(体育科 草苅)

種 目

氏 名

タイム

順 位

50m平泳ぎ

坂本昌哩杏(4B)

41秒72

1位/18人中

50mバタフライ

齊藤優(6B)

42秒15

2位/14人中

50m背泳ぎ

藤本みなみ(6B)

36秒19

2位/18人中

100m個人メドレー

柳下智咲(6A)

1分14秒34

2位/19人中

200m
メドレーリレー

藤本みなみ(6B)
坂本昌哩杏(4B)
齊藤優(6B)
髙畑翠(5B)

2分42秒95

2位/8校中


☆上位に入った選手たちです。おめでとうございます!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪3年生読書 お腹がよじれるほど笑った落語体験授業
 
一人でたくさんの登場人物を演じ分ける落語。右を向いたり、左を向いたり。手拭いを本や財布に、扇子を開いて手紙や盃に、扇子を閉じて筆や箸に見立てます。座布団は布の輪を前にして切れ目は縁の切れ目になるので向けません。
真打:桂米多朗さん、二つ目:春風亭昇羊さん、お囃子:滝澤仁美さんに、落語のしきたりや面白さを教えていただきました。3年生は小咄や古典落語「初天神」「牛ほめ」に大笑い。この後、3年生は1グループ4人で落語の発表会に向けて練習です。想像力を働かせて表現を楽しめたら何よりです。(読書 本宮)

真打:桂米多朗さん    お囃子体験       うどんを食べる仕草    みんなで大笑い

2017/9/29

第221号 2017年9月2日

弱くされた人への視点    教頭  吉田 太郎

 長かった夏休みも終わり、保護者の皆様もほっとされたのではないでしょうか。お疲れ様でした。

 この夏はキャンプや研修など極力制限せざるを得ないほどにクレアの子犬の世話に忙殺される40日間でした。そんな中、私の唯一の遠出といえばキリスト教学校教育同盟の仕事で参加した熊本での全国災害支援連絡会議でした。2016414日の前震、16日の本震により熊本地方に甚大な被害を及ぼした熊本地震。私はキリスト教学校教育同盟の研修担当の委員をしている関係で6月にも現地熊本への下見を行い、研修プログラムの作成を担当することになりました。その中で、九州ルーテル学院中学高等学校の校長先生をはじめルーテル教会の先生方と親交を深めることができました。皆さんどなたも復興途上の故郷の現状をできるだけ多くの人に知って欲しい、そして様々な形で支援をくださった方々に恩返しがしたい、という思いを持っておられたのが印象的でした。
 さて、8月末に行われた研修会では熊本市内からバスをチャーターし、被害の大きかった西原村や益城町そして南阿蘇を訪ねました。雄大なカルデラ地形の阿蘇山は、大地震による土砂崩れで、無残にも何箇所も山肌が露呈。東海大学の阿蘇キャンパスでは阿蘇大橋が崩落するなど大きな被害がありました。現場では活断層がはっきりと目視でき、道路の中央分離帯が大きくズレるなど地球規模の力によって山が崩れ、道路が寸断され、橋脚が落ち、学生寮や家屋が倒壊していました。震災から1年後の夏、行く先々でその爪痕を目の当たりにしました。熊本県内では未だに4万5000人余りの人が仮設住宅での生活を余儀なくされています。
 また現地で実施した研修会では、熊本地震での被災者支援、特に障がいのある方々への支援について学びを深めました。東日本大震災の時にも同様の問題が指摘されていましたが、いざ災害が起こった時に各避難所への障がい者の受け入れの難しさ、震災弱者とも言える女性や子ども、特に障がい者への支援がまだまだ足りていないという厳しい現状にも触れました。誰もが生命の危険を感じるほどの災害時であっても、いかに等しく支援し、あるいは助け合うことができるか。教育現場では昨今、インクルーシブ教育」ということがテーマに掲げられています。人権意識やいのちへの態度、こういった姿勢を子ども時代から学び、肌感覚として身につけていかなければ、災害時に障がいのある方々への配慮といったところまで手が届かないのだと思います。「平時が非常時の鏡」そして「顔の見える関係」の重要性といったことも、大変印象に残りました。

 毎年のように自然災害に見舞われる日本列島に暮らす私たちにとって、互いに思いやる気持ちや助け合いの精神といったものが古くて新しい重要な価値となるでしょう。熊本ラーメン、馬刺し、ちくわサラダ……。美味しいお料理をいただきながら、これからの立教女学院小学校の子どもたちに必要なスキルは、避難訓練と同時に日頃から助け合うこと、そして弱くされた人たちへの視点を持つことなのではないか、と考えました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪イングリッシュアドベンチャー報告≫

We are “Happy Campers!”
 827日〜30日の3泊4日で、新潟県中魚沼郡津南町にて、英語サマーキャンプを開催しました。「キャンプに参加したら、そこはもう外国!」嬉しいことや頑張ったことはもちろん、分からないことや1人だとできないことも、みんなと共有しながら楽しむ姿がたくさん見られました。(中村)

いよいよ英語キャンプが始まる!    9段もの河岸段丘がある津南にて     スラックラインに挑戦!

できることは自分で。もしもの時はパートナーも助けてくれるよ!


"Left hand up!"  "Right foot up!" 声を掛け合いながら登り方の練習

綺麗な部屋、時間を守って行動をするチームを目指してみんなで協力。毎朝表彰されるよ!

    
絞り染めで作ったオリジナルTシャツ       安全確認・漕ぎ方を教わってカヤック体験

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪聖歌隊キャンプ報告≫

 8月23日~24日、今年も軽井沢で聖歌隊キャンプをおこないました。日頃まとまった練習時間が取れないので、4時間ほどたっぷり練習をし、研鑽を積みました。キャンプを通して5年生と6年生の交流が深まると、それが歌声に表れます。呼吸が揃い、声が一つにまとまってくるのです。
 2日目に訪れた群馬県の老人ホーム「新生会」では、おじい様おばあ様方の心を揺さぶるような歌をとどけようと、奉唱会をさせていただきました。「赤とんぼ」や「ふるさと」などの童謡を一緒に歌うと、おじい様おばあ様方の表情がみるみる和らいでいきました。涙を流して歌う姿や、握手をしたシワシワの手から、子どもたちは何を感じとったでしょうか?こういった体験こそ、聖歌隊がずっと大切にしてきたことです。キャンプを始めて来年で20年。小さな種がいつか実を結ぶように、これからも奉仕活動を続けていきたいと思います。(音楽科 上川)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

≪クレアの赤ちゃん≫ 

 学校犬クレアが7月1日に9頭の子犬を出産。7月の終業式までの2週間は子犬たちも学校へ登校し、子どもたちと触れ合う機会がありました。手のひらに乗るほどの小さな命のぬくもりに大人も子どもも感動し、笑顔になり、とても幸福な時間を過ごすことができました。目が開き、歩き出し、離乳食が始まりました。ぐんぐん成長する子犬たちは生後1ヶ月を過ぎた頃から徐々に排泄物も大きくなり、鳴き声もご近所迷惑になるほどに。生後2ヶ月の今では体重も4キロ超え。そんな子犬たちは9月5日にアイメイト協会から選ばれた飼育奉仕家庭の元へ巣立っていきます。子犬たちが将来、アイメイト(盲導犬)となって視覚障がい者の方々の自立や社会参加のために役立つようお祈りください。そして、私たちも子犬たちに負けないよう、互いに愛し合い、助け合う事を喜びとできるよう成長していきたいと願っています。(吉田)